満足度が高い賃貸物件を選ぶためのポイント

防音性と入居者の属性は重要です

郊外の一戸建て賃貸物件ならば、防音性はさほど気にならないでしょう。しかし、賃貸物件の多くは集合住宅であって、隣の部屋とは壁や床が隣り合っているので、多少の生活音が互いに響くことは仕方ないことです。木造よりも鉄骨、鉄骨よりも鉄筋コンクリート造りの方が遮音性が高いことはよく知られています。賃貸物件を選ぶ時に見落としがちなこととして、同じ集合住宅に住んでいる入居者の家族構成が重要です。なぜなら、未就学児童や小学生以下の子供の有無は、騒音トラブルの主な原因となっています。家族に子供がいないのであれば、小学生以下の子供が住んでいない賃貸物件を探しておくと良いでしょう。洗濯物や自転車の有無である程度確認出来るので、遮音性の確認と合わせて入居者の属性を確認しておけば安心して入居出来ます。

ランニングコストまで考慮出来れば満足度がアップします

賃貸物件に住み始めてから失敗したと感じることは、光熱費のランニングコストが高い場合が多いでしょう。家賃のみに目が行きがちですが、断熱性と給湯環境については、冬場ほど差が出てしまうので要注意です。光熱費が最も安いオール電化と最も高いプロパンガスでは、光熱費が月額1万円以上差が出ることは珍しくありません。寒さが厳しい地域では更に差が開くので、1万円程度の家賃の差であれば、プロパンガスだけは避けておくことが望ましいことは有名です。分譲マンションでは都市ガスかオール電化のどちらかが採用されていることを考えると、プロパンガスを避ける理由が分かるでしょう。断熱性能と合わせて、冷暖房費まで含めたコスト計算を行えば、満足度がアップします。

函館の賃貸は物件の数が多いので、慎重に調べることが大事です。希望の間取りや家賃、最寄り駅までの距離などを見比べて物件を選びましょう。

© Copyright Rental Property. All Rights Reserved.